短い文章の中に凝縮された面白さ
ショートストーリーってさくっと読めて、かつその中に面白さがぎゅぎゅっと詰まっていて面白いなぁと思いました。いわゆるSSってやつなんですが、調べるとものすごい数があって、しばらくこれで楽しめそうです♪
    Home
2014年7月19日

素敵な空間で素敵な読書を

近所に隠れ家的なカフェを見つけたので、最近は休みの日は専らそのお店に通っています。古風な感じなのでカフェというより喫茶店と言った方が良いのかな?初老のマスターが一人で切り盛りしているようなお店で、まるで小説の中で出てくるような定番のお店に一目見ただけですっかり気に入ってしまいました。常連さんと思われる方もひょっとしたら同じ気持ちなのか、そのお店は一人で読書をしている方が圧倒的に多いんです。そこがお店を気に入ったもうひとつの理由なんですけどね。程よく窓があって、店内にちょうど良い日差しが入り、店内も薄っすらBGMが流れている感じでとっても静か。なんせ一人客が多いのでお喋りしている席も殆ど無く、聞こえる音と言えば、本のページを捲る音と、コポコポとコーヒーを淹れる音、それと時々軋む椅子の音くらい。住宅街の中にある為外も騒がしく無いので、ゆっくりと小説を読むことが出来るんです。家で読むのも良いけど、美味しいコーヒーを飲みながらこんなに読書に最適な空間で読むのはまた格別なんですよね。雰囲気が違うと読むペースもまた変わるんですから。家にいるとつい他の事にも目がいってしまいがちですが、お店だと集中出来ますしね。そのうちお店で読書友達が出来るかなと期待しています。

2014年7月1日

結局は自分でやるのです。

何も予定が無い連休を貰うと、一日は何にもせずにのんびり過ごして、もう一日は家事を徹底的にやったり一週間分の買い出しをしに行ったりしようといつも思っているんですけど、大概二日間ともダラダラした休みにして終わってしまいます。今日もそうだったんです。昨日のお休みは目覚ましもセットしないで好きなだけ寝て、起きたらお腹が空くまでのんびり読書したり、溜まったビデオを観たりして、掃除も料理も殆どせずにゆっくり過ごしました。明日はちょうど洗剤がそろそろ切れるし、急ぎでは無いけど冷蔵庫の中も足りない物もいくつかあるから買い物に行くか~と思っていたんですが・・・目覚ましをセットしていたにも関わらず、起きたのは夕方でした。準備して買い物行かなきゃなぁとは思いつつも、なんせ急ぎでは無いものですからなかなか腰が上がらない。時刻が夕方という事もあったので尚更ですよね。これがまだお昼頃だったら出かける気にもなったんですけどね。結局明日出勤前か帰宅途中で買い物すればいいやと思ってしまい、今日もだらけた休みを過ごしてしまいました。今日行っていれば、明日早起きする必要も無いんですけどね。いつも前日の時点では行く気満々なんですけどね。休みは休む為の日だから良いんじゃない?と言ってくれる母に感謝。怠けた分は自分に返ってくるのだから、明日からまた頑張ります。

2014年6月18日

一日子育て体験

この間従姉妹に会いにちょっと遠出してきました。子供が産まれてからまだ一度も会えないまま数年が経ってしまっていたので、ちょうど連休も貰えたのでこの機に遊びに行ってきたんです。移動中に電車の中で持参していた小説を読んでいたんですが、降りる駅に着いたと気付いたのがギリギリだったので焦って降りた所為でその時に手にしていたしおりを落としてしまったようで、ちょっと凹んでいたんです。でも従姉妹の子供と初対面してそんな事も吹っ飛んでしまったんですけどね。もうすっごく可愛かったです。在り難くも全然人見知りをしない子で、色々とお土産も勿論持参していったので、さっそく一緒におもちゃで遊んだり、絵本を一緒に読んだりしてすぐに仲良くなれました。プレゼント攻撃が効いたのか、ママよりも私にもうベッタリでした。まるで孫を可愛がる祖母の気分です。天気が良かったので近所の公園へ行き、緑が豊かな場所だったので、草花や大きな木が沢山でとても気持ちの良い場所でした。途中ベンチに座りながら従姉妹とお喋りを楽しみつつ、日が落ちる前にスーパーへ買い物に寄って帰り、子供と一緒にお風呂に入ったり、寝る前にまた絵本を読んであげたりと一日子育て気分を満喫しちゃいました。いいな~子供。私も欲しくなっちゃいました。

2014年6月4日

リセット出来る場所

何かの小説かテレビで、「お風呂は命の洗濯」だなんて言葉を聞いたような気がします。確かにお風呂って一日の体の汚れを落とすだけではなく、その日あった嫌な事や悲しかった出来事もすべて洗い流してくれて、それだけでなく温かい湯気でそっと淋しくなった心を包んでくれるような・・・そんな癒しの場所のような気がします。嫌な事は寝て忘れよう!も良いですけど、あとちょっとだけ頑張って浴槽にお湯を溜めて、湯船に浸かってほっと一息つく時間も必要なのかもしれませんね。それにその方が気持ちよく布団に入れて良い夢を見る事が出来るような気がします。綺麗な体と綺麗な心で眠りにつく・・・結構憧れですけど、でも実際はお風呂に入るまでが億劫だったりするんですよね。面倒臭いってついつい思ってしまいます。毎日のことなので尚更です。普段もシャワーで済ませてしまうし・・・。そのくせ温かいシャワーを浴びている時はずっと浴びていたいなんて思ってしまうという。そんなんだったらいっそ湯船を溜めておいた方が、ガス代もかからないのになぁと毎度後悔してはの繰り返しです。実家だったら、湯船も用意されているのになぁ~なんて思ったり。甘えちゃいけませんね。明日は頑張って湯船を溜めて、のんびり小説でも読みながら過ごそうかな?

2014年5月26日

いつか・・・を迎える準備

この間母が急に「猫が亡くなった時の事を考えると悲しくなってくる・・・。」なんて言ってきたんです。私の家にお届け物をしに来てくれた時なんですが、実家でも私の家でもお互い猫を一匹ずつ飼っていて、人見知りをするうちの猫も母には慣れているので挨拶をしていた時の出来事でした。確かに実家の猫はもう八歳くらいになるので、そういう事も考えてしまうのかもしれませんが、でも病気知らずでまだまだ現役だった筈。どこか様子がおかしいのかと聞いてみると、なんの問題も無く元気とのこと。この間美容院へ行ってきたらしいのですが、そこで読んだ週刊誌に、ペットロス問題の記事があってそれを読んで考え込んでしまったらしいです。それを聞いてちょっと一安心。でもペットを飼っている人は誰でもその不安が付きまといますよね。こんな今からペットロス予備軍になっている母は、飼い猫がいなくなったら一気に老け込んでしまうんじゃないかとそっちの方が心配になってしまいました。大体は自分より先に命を終えてしまう動物。いつか・・・なんて考えたらやっぱり悲しくなってしまいます。でもその事も踏まえた上で出来るだけ長生き出来るように一生懸命世話をして、最後まできちんと看取るのが生き物を飼う人間の責任ですからね。元々は私が連れてきた猫だったので、私が家を出た後もそこまで愛されていることに喜びを感じつつ、もう少し実家の猫の事も気にしておいた方が良いなとちょっと身が引き締まりました。

2014年5月14日

テレビで見かけた物の調べ方

この間の休みは録り溜めていたテレビをゆっくり見てのんびりする一日を送っていたました。ちょうどバラエティ番組を観ていたんですけど、その番組内である方が女優さんに洋服のプレゼントをしていたんです。その洋服がすっごく可愛くて自分も欲しいなって思ったんです。番組内でプレゼントした方がその日着ていた服も同じお店で買った物らしく、そしてなんとその女優さんが去年自身のHPを飾っていた写真で着用していた服も同じ店で買った物と判明。どうやらお二人とも同じ店ご用達のようで、最後のクレジットでお店の名前かブランド名が出るかなと思ったんですけど、結局どこのお店の物なのかは出ませんでした。後からネットで調べて、1時間くらい検索してやっと答えに辿り着くことが出来ました!色んな方法で検索したんですけど、全然見つからなくて・・・キーワードを試行錯誤してやっと1件ヒット!たまたま同じような質問をしている人がいたんですけど、それに回答出来ている人は一体どうやって知ったのかすごく気になります。例えば雑誌に載っていた物だったらどこのブランドか詳細が載っている場合が多いですけど、テレビで芸能人が私服や衣装で着用している物ってこんな風にどこの物かわからない事が多いのに、視聴者が殺到して売り切れになったりしているじゃないですか。よくわかるなぁと感心してしまいます。みなさんどうやって調べているんでしょう。

2014年4月26日

気分で涼しくも暑くもなるんでしょうか

お祭りって聞くと女の子は浴衣を着たくなると思うんですけど、お祭りってどうして真夏が多いんでしょう。浴衣は一見涼しげですけど、実際着て歩くと結構暑いんですよね。真夏なので何着てても暑いには暑いんですけど、浴衣の場合締め付けられている帯の部分が余計に暑く感じるんですよね。夏に限らず寒い冬でも足を出していたり、女性のオシャレは我慢も必要!なんて言いますけど、私はいつも浴衣を着たいと思いつつ結局涼しい方を選んでしまいます。どうやら私は我慢してオシャレより楽な方を取ってしまうようです。もう少しだけ涼しくなる夏の終わりがけにお祭りが沢山あれば、心置きなく浴衣が着れるのに。そう考えると、普段着に着物を着ていた女性はすごいですよね。暑くても寒くても常に着物を着ていたなんて、すごい忍耐だなと感心してしまいます。エアコンも無い、扇風機もストーブも無い時代に着物で過ごすなんて、私には考えられないです。温暖化と言われる今と比べて、そんなに気温差は無かったんでしょうか?今でも着物を着て過ごしている方達はいますけど、是非感想を聞いてみたいです。でも着物を着たら背筋がすっと伸びるように、心頭滅却されるんでしょうかね。今度試してみようかな?

2014年4月12日

メガネに憧れる私

子供の頃からなんとなくメガネに憧れていました。今では伊達メガネはファッションの主流と言っても過言ではない程定番化していますが、私が子供の頃はサングラス以外、伊達メガネなんて滅多に見かけなかったので、メガネは本当に目が悪くて必要としている人しかかけていませんでした。それがなんだか格好良く見えたんですよね。メガネをかけながら読書をしていたり勉強していたりする姿が賢そうで、よく憧れていました。大人になって視力も低下し、幸いなことに日常生活において必要不可欠とまではいっていませんが、私もメガネを作って持っています。あの頃とは間逆で、なるべくメガネが必要な体にはなりたくないなぁと思っている私。メガネをかけると鼻がムズムズしちゃうんです。慣れていない所為も勿論あるんでしょうけど、化粧をした顔につけると跡もつくし、何より目も疲れるし。でもそれでも懲りずに時々ファッションのひとつとして伊達メガネが欲しくなる時があります。PCメガネも持っているんですが、これもよくパソコンを使う時以外でも使用しています。本物のメガネはかけるようになりたくないけど、伊達メガネはまた別なんですね。オシャレ目的になると欲しくなるなんてワガママですね~。

2014年3月24日

草花の本で雑草を見直す

草花の本を読みました。写真付きで図鑑のような感じになっていて、草花のことが少しわかった感じがします。その辺に咲いている雑草でも、ちゃんとした名前が付いていて、薬草の効果もあるものもありました。たんぽぽも雑草の一種なのですが、西洋から種が飛んできて日本列島に繁殖したとのことでした。たんぽぽって種を綿毛に乗せて、ふわふわと飛んでいくのは、とても不思議な植物だと思います。種子を風に乗せて遠くへ行く植物はたくさんあるけれど、種子に自ら綿毛をつけて飛ぶ植物って、あまりないのではないでしょうか。
このたんぽぽを鉢植えに移し替えて、ちょっとしたインテリアにする方法があるんです。用意するのは鉢だけです。素焼きの鉢より瀬戸物の和風な感じのものが良いです。この鉢にたんぽぽを根ごとそのまま移し替えをするのです。これを部屋やオフィスに置くと、意外に素敵なんです。私もさっそくやってみましたが、部屋がなんとも言えない明るさになりました。たんぽぽは丈夫だから、なかなか枯れません。
青紫色の小さな花、オオイヌノフグリも道ばたでよく見かけますが、こちらを鉢に移し替えも、かわいかったです。小さな花をたくさんつけますので、見ていてとても楽しかったです。

2014年3月4日

田舎町の電車の楽しみ方

田舎町の電車について書かれた本を読んで、田舎の電車に乗ってみたくなりました。週末しか利用できないので、あまり離れた町には行けないのですが、調べてみると隣の県でも少し外れた場所に行けば、田舎の電車や単線が楽しめそうなのです。そこで、週末を利用して一人で田舎町の電車に乗ってみることにしました。
目的もなく、ただ一人で電車だけを乗りに行くのは初めてです。この本にも書かれていたように、売店などは期待せず、お菓子や軽食、飲み物を準備して、気分はすっかりピクニック気分です。車窓は都会からだんだん田舎っぽい景色に変わっていきました。畑や民家が並んで、なんだか久しぶりに見る風景に、心がホッとして、田舎町の電車の良さがわかってきました。「途中の駅で降りてみると良い」と本に書かれていましたので、適当な駅で降りてみると、周りは何もなく人もあまりいません。近くを散歩してみたのですが、お店なども全くなく、あるのは自動販売機ぐらいです。食べ物を持ってきておいて良かったです。休憩できそうなベンチを見つけたので、そこで食べ物を食べてまた電車に乗って帰宅したのですが、用事がなくても電車に乗ったのに、すごい充実感でした。これからも休日を利用して、田舎町の電車に乗ることが増えそうです。